KPWL BOX
  • specification
  • specification
  • specification
  • specification
  • specification

1991年にオープンされたベイサイドプレイス博多は、都市と水辺が交わる場所として 地元福岡のみならず 日本各地やアジアからの観光客が集うコミュニティプレイスです。 福岡の中心街 天神からもバスで約10分、博多駅からも約17分と交通の便にも恵まれながら、市街地の喧騒から離れた海辺の空間として老若男女に愛されています。 また 周辺には全長約100mの「博多ポートタワー」があり、対岸にはコンサートやイベントが開催される「マリンメッセ」や「国際会議場」、大相撲九州場所も開催される「福岡国際センター」、「福岡サンパレス」などが並び、湾内を行きかうクルーズ船や水上バスなど、ゆっくりと景観を楽しむことができます。 そのベイサイドプレイス博多が、施設まるごと隙間のないWi-Fiオフロード空間になりました。 ベイサイドプレイス博多を構成する全ての施設において、快適なWi-Fiネットワークをフリーで利用でき、利用方法は至って簡単。「baysidewifi」ネットワークに接続し、ブラウザに表示される「接続/connect」をクリックするだけ。 食事やショッピング、散策と、施設内のどこに移動しても、接続の切断やネットワークの切り替えなど、不快な通信途絶は発生しません。まさに隙なし!!

施設まるごと隙間のないWi-Fi

スマートフォンの普及に伴い、通信回線をパンクさせるほどの勢いでインターネットの利用が拡大しています。近年ニュースでも携帯電話会社の通信トラブルが取り上げられていますが、これを回避するために注目されているのが、「携帯電話網の通信(トラフィック)をWi-Fiへと逃がす」Wi-Fiオフロードです。 携帯電話各社もWi-Fiアクセスポイントを各地に設置することで実現しようとしていますが、携帯電話網とWi-Fi網との間で頻繁な接続切り替え(システム間ハンドオーバ)が発生し、不快な通信途絶を引き起こしています。 下図は、ベイサイドプレイス博多における、某携帯電話会社による既設Wi-Fi エリアです。 緑色が通信可能エリア、黄色は通信が不安定なエリア、赤色は通信不能エリア( *1)となっており、通信不能や不安定エリアではWi-Fi網から携帯電話網への切り替えが頻発する恐れがあります。

*1) 2階建て施設の1階部分のみ表示。市販のサイトサーベイツールによる実測結果。2012年3月に測定。測定器の誤差等を含むため、実際のカバーエリアを100%保証するものではありません。

ご購入はこちらから

※Kpnetworks楽天市場店(外部サイト)にリンクします

レンタルはこちらから

※まずはお問い合わせフォームよりご希望内容をお聞かせください。