LANケーブル
単線

 7本の細い銅線8芯分を寄り集めて作られている「より線」と違い、「単線」は太い銅線が8芯分入っており、安定した通信が見込めます。特に10メートル以上や、基幹配線には「単線」がお勧めです。

爪折れ防止カバー付き

爪が折れにくいプロテクタ付きコネクタを採用
表皮効果

 表皮効果とは、交流電流が電線などの胴体を流れるときに電流密度が胴体の表面で高く、表面から離れると低くなる現象です。 LANの信号のように周波数が高い信号の場合電流が表面に集中するので導体の交流抵抗が高くなってしまいます。

 

 表面しか電流が流れないので、単線の場合は表面が滑らかに電流を阻害しない構造です。 撚線は曲がりやすくするために細い裸線を束ねているので、ところどころ隙間が発生します。 表面が凹凸しているので、単線の場合に比べ表皮を伝わっていく電流の経路は長くなってしまいます。 撚線は、単線に比べて曲げやすく折れにくいという特徴がありますが、性能を優先すると単線が良いです!

 単線は、逆に少し曲げにくく、また何度も折り曲げを繰り返すと切れてしまいますが、LANケーブルは1度つけると何度も取り外ししますか?そんなことはあまりないと思いますので、当社は単線をお勧めします。


岡野電線製OKTP-E5-0.5X4P日本製ケーブル採用

  • ■ケーブル構造:周波特性が良い「単線」仕様の高品質Cat.5e LANケーブルです
  • ■伝送速度  :1Gbps(1000Mbps)
  • ■伝送帯域  :100MHz
  • ■色     :薄青
お問い合わせはこちら

※お問い合わせフォームに飛びます