GIGAスクール構想について

2019年12月13日に、児童生徒向けの1人1台の端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備するための予算が閣議決定されました。

1人1台端末は、もはや令和の時代における学校の「スタンダード」である必要があります。
社会を生き抜く力を育み、子供たちの可能性を広げる場所である学校が、時代に取り残され、世界からも遅れたままではいられません。
それだけでなく、多様な子供たちを誰一人取り残すことのない、個別最適化された学びを提供しなければなりません。

そのために、高速大容量の校内設備ネットワークの整備は急務となっています。

下記が閣議で決定された補正予算になります。

校内通信ネットワークの整備,児童生徒1人1台端末の整備

GIGAスクール構想に必要な機器

文部科学省が提示している「GIGAスクール構想の実現パッケージ」には、校内LAN整備の標準仕様に以下の内容が記載されています。

    工事が必要となるケーブルはカテゴリー6A以上対応
    ハブやルータ、スイッチ類は将来の市場展開に応じた容易な更新を可能とすることを念頭に、1Gbpsの普及モデル
    クラウド活用はもとより、大容量の動画視聴やオンラインテストをストレスなく行えること
    校内LAN整備と同時に行われるクラウド監視等構築、電源キャビネットの整備

下記の図を参考にまとめますと、

  ルータ (1Gbps 普及モデル)
  スイッチ (1Gbps 普及モデル)
  AP (1Gbps 普及モデル)
  LANケーブル (カテゴリー6A)
  電源キャビネット
となります。

GIGAスクール構想 GIGAスクール構想の実現パッケージ(文部科学省)より引用

KPNが考える、GIGAスクール構想への思い

文部科学省の調べによりますと、国立・公立学校の数は

小学校    :19,864 校
中学校    :9,492 校
中等教育学校 :35 校
高等学校   :3,488 校
高等専門学校 :54 校

となっています。

※参考
ナレッジステーションデータ(平成30年度)
文部科学統計要覧(平成30年版)


今年度予算を学校合計数 (32,933 校)で割りますと、校内通信ネットワークの整備は1校あたり400万円弱になります。
この予算で、32,933 校を、なるべく短期間で整備しなければなりません。
しかし1校を整備するだけでも、「どこに機器を置くか」「ケーブルの配線ルートの確定」「工事のスケジューリング」など 考慮しなければならず、拘束時間が長いとその分費用が高くなってしまいます。

どうすればいいのか頭を悩ませている方が多いかと思います。


Kpnetworksは、子供たちの成長をお手伝いするために、 どうすれば短期間・低コストで整備できるか、考えました。
その結果、私たちはアクセスポイントにこだわりました。

スムーズな授業を実現する KPWL-0300H

①電波の問題で授業を中断させない!
4クラス分をAP1台でカバー

先生方は1時間目に1組で授業をし、2時間目は隣の2組で授業をするケースがあるかと思います。
通常のAP設置ケースですと、1時間目に使用した端末を隣の2組に持っていくと、1組のAPに接続したままになってしまい、電波強度の不足による通信速度の低下が発生します。

KPWL-0300H はアンテナ延長ケーブルを接続することができ、通常のAPよりも広域な無線エリアをご提供できます。
これにより、例えば廊下にAPを1台設置すれば、4クラスを無線化することができます。
同じフロアの教室に移動したとしても、同一のAPに接続されているため、ハンドオーバー起因の通信速度の低下の心配もございません。

②エアコンのない廊下に設置可能!
だから1フロアに1APで大丈夫。

電気製品は0℃を下回ったり40℃を超える高温では通常正常に動作できなくなります。
当社のアクセスポイントはヒーター&強力放熱の多機能リジットフレーム搭載!
これにより、動作温度範囲は-20℃~50℃。

だから、エアコンのない廊下に設置しても安心!
どんな地域の廊下だとしても、4クラスを無線化することができます!

③みんなで同時に検索!
200人で使える高性能なアクセスポイント

当社製品のKPWL-0300H は、ストレージサーバーにも使われるAnnapurna Labs社製AL-5140 4Core 1.7Ghzを搭載、パワフルかつハイスピードな接続を実現!
200台の端末が安定して同時通信することが可能です。

1クラスに45端末(生徒の端末40人+先生の端末2台+教室の備品3台)接続することになっても、45端末×4クラス = 180端末 の接続が可能です。

④LANケーブルの敷設工事が最小!だから工期も最小!

KPWL-0300H は独自のバックホール通信で、AP間同士で通信ができます。
校舎から離れた体育館なども、このバックホール技術によりLANケーブルを整備することなく無線化することが可能です。

また防火壁の貫通工事のせいで高額になる工事も、バックホール通信で工事レスになるので低価格!

⑤ランニングコストの心配無用!
無料提供ソフトで、学校全部のSSIDパスワードを一括変更OK!

IT機器は性能だけではなく、セキュリティも重要になります。
セキュリティで考慮しなければならないのは、パスワードの定期更新。
当社サイトで公開しているソフトをダウンロードすれば、同じネットワーク内のAPを一括でSSID・パスワードを変更できます。

ローカル環境で操作可能だから、クラウドサービスのランニングコストが一切かからないのも特徴です。

⑥無線セキュリティ規格について

KPWL-0300H は、WPA/WPA2 Mixed Mode – PSK に対応しています。

KPWL-0300H
802.11ac対応
最大通信速度1.733Gbps

導入事例

お問い合わせ

お問い合わせフォーム